CryptoBridgeにて『NinjaSoulからくりファンド』のテスト稼働を開始しました

からくりファンドについての進捗をなかなかお伝えすることが出来ませんでしたが、CryptoBridgeにてテスト稼働を開始しました。

からくりファンドは『ヘッジファンドエンターテイメント』をテーマに、BitSharesプラットフォームの普及とDEXへの流動性の提供を目的に立ち上がったプロジェクトです。

DEXの普及については、からくり技師のキャラクターを作成し、twitterとWEBサービスでBitSharesとNinjaSoul Projectを広報する予定です。

 

CryptoBridgeやOpenLedgerはBitSharesプラットフォーム上で稼働しているDEX(非中央集権型取引所)になります。

CEX(中央集権型取引所)とよばれる国内や海外の既存の取引所ではAPIを作りマーケットメイカーを呼び込み、自社でも複数のボットを動かし多くの手数料収入を得ています。

一方CryptoBridgeのようなDEXではユーザが手動でオーダーを出す必要があるため、流動性が乏しく、売りと買いの価格差が広がったり、他の取引所との価格を埋めるのに時間がかかります。

 

流動性の提供と価格差の縮小という課題は、DEXの普及において最大の課題です。NinjaSoul ProjectはBitSharesの普及のため、この課題に正面から向き合います。

 

NinjaSoulからくりファンド

 

今回テスト稼働を開始したプログラムは、単純なマーケットメイカープログラムとなり、売りと買いのスプレッドを縮小する役割があります。

 

ヘッジファンドを構築するという全体の計画の内、まだ数パーセントの進捗となりますが、CryptoBridgeが予想以上のスピードで立ち上がっているため、予定を前倒ししてテスト稼働を開始しました。

 

テストを進めつつ、他の取引所との価格差を縮小するアービトラージ戦略の実装を進めてまいります。

 

からくりファンドテストアカウント

karakuri-fund

 

テスト稼働を予定しているDEX

取引量が多く検証しやすいbitUSDなどのMPA系から開始し、今後CryptoBridge系、OpenLedger系、将来的にBitSpark系と対応を進めていく予定です。