【質問】NinjaSoulのパブリックオファーの基準価格が安すぎるのではないか

NinjaSoul Projectへいただいた質問についてはブログを通じてオープンに回答させていただきます。

 

質問

NinjaSoulのパブリックオファーの基準価格が安すぎるのではないか

1BTCで総発行量の1%がもらえる価格は安すぎで、特定のホルダーに偏る懸念がある

NINJASOULの供給方針を提示してほしい

 

回答

NinjaSoul Projectとして初回の実施となるパブリックオファーにつきましては、他のICOプロジェクトにおける『プレセール』と同様の扱いとなっております。

NinjaSoul Projectが2017年7月に始動して、十分なマーケティングを行っておらず、まだリリースされたコンテンツがない状況です。

このようなプロジェクト初期のフェーズにおいて、先行して支援をいただいた方へより多くのトークンをお渡しすることは当然のことだと考えます。

今後複数回実施されるパブリックオファーの基準価格につきましてはマーケットの状況に応じて決定され、前回のパブリックオファー基準価格を下回ることはございません(公式サイトに明記しております)。

コンテンツがない状況でのマーケティングは控えており、今後コンテンツのリリースに伴い、国内・海外を含めて徐々に強化していく予定です。

 

NINJASOULは利益還元型・配当型・証券型のトークンではありません。

需要と供給に応じて適切にマーケットが形成され、長期的にゆるやかに価値が向上することを目標としています。

いただいた質問の中の、『NINJASOULの供給方針』については、後日ブログにてご説明させていただきます。

また、『NINJASOULの価値向上方針』についても別途ブログにてご説明させていただきます。

 

NinjaSoul Projectメディアパートナー募集

NinjaSoul Projectではメディアパートナーを募集しています。
お持ちのブログ, twitter, メルマガ, WEBサービスなどが対象です。

 

【NinjaSoul Projectメディアパートナーについて】

  1. NinjaSoulパブリックオファーに参加したユーザがキャンペーンコードを入力してNinjaSoulの配布を受けた場合
    購入枚数の10%をメディアパートナーへ配布します。
  2. キャンペーンコードを入力してNinjaSoulパブリックオファーに参加したユーザは通常より10%増量した枚数を受け取れます。

希望するキャンペーンコードとメディア(twitterやブログなど)について記載するだけでエントリー可能です。

メディアパートナーへのご応募は、仮想通貨に関する情報を発信している過去の投稿やユーザ数など総合的に判断してNINJASOULの送付とご連絡させていただきます。判断基準については非公開とさせていただきます。

 

NinjaSoul Projectメディアパートナーへの応募はこちら